美と健康の新アイテム!酵素入浴剤で全身アンチエイジング

HOME自宅用酵素風呂で期待できる3大効果とは
アトピー肌の入浴剤の選び方

アトピー肌の入浴剤の選び方

 このページでは、アトピー肌の方のための入浴剤の選び方を紹介しています。

アトピー肌の方には酵素入浴剤がおすすめ!

アトピー性皮膚炎の肌ケアに保湿は不可欠。という一般常識から、

「保湿成分が配合されている入浴剤を使えば、お風呂あがりもしっとりとした肌で効果的なのでは」と思われがちですが、実は違うんです。

最近では酵素入浴剤がアトピー肌への効果が期待できるということで、アトピーで悩む方が酵素入浴剤を使っているという話を耳にします。

アトピー症状がある人の場合、どういうことに気を付けて酵素入浴剤を選べばよいのか、調べてみました。

アトピー肌のための酵素入浴剤の選び方

保湿成分を配合している入浴剤は乾燥を促進させる

もともと保湿成分は皮膚の乾燥や炎症を治すのではなく予防するもの。

アトピーで赤くなった炎症状態の肌には、保湿成分が逆効果となって、痒みが出たりヒリヒリしたりすることもあります。

アトピー肌の場合、年中お肌が乾燥してカサカサしている方が多いです。

皮膚がカサカサになっているということは、皮膚の下に炎症のもととなる細胞が多く存在しているので、皮膚が正常に再生されません。

保湿成分配合の入浴剤でカサカサの皮膚を一時的に潤しても、またすぐにカサカサになってしまいます。

合成成分が配合された入浴剤は避けよう

入浴剤によく含まれている合成成分の中には合成着色料のタール色素、保湿剤プロピレングリコール、皮膚の角質を柔らかくするサリチル酸など、

アトピー肌の方やお肌の弱い方が避けた方がよいものがあります。

タール色素はアレルギー、プロピレングリコールは肌の炎症やかぶれ、サリチル酸はアトピーやじんましんを悪化させることがあります。

酵素入浴剤がアトピーに有効なワケ

アトピー肌は皮膚の黄色ブドウ球菌が異常に増加し、肌が本来持つ皮膚常在菌とのバランスが崩れることが原因でおこります。

酵素は黄色ブドウ球菌の増殖を抑え、皮膚常在菌の力を甦らせるのでアトピー肌に効果があります。

また、タオル等で肌をこする必要がなく、入浴するだけでよい酵素風呂は、肌にダメージを与えたり、皮膚常在菌を落とすこともありません。

アトピー肌に効果が見込める酵素入浴剤3選

最近では多くの酵素入浴剤が販売され、成分や効果も様々ですが、アトピーに効果があると評判の入浴剤には、

22世紀の美・入浴液植物酵素液「つるぽか」大高酵素 バスコーソがあります。

【22世紀の美・入浴液】

  • 添加物:なし
  • 有効成分:生菌(乳酸菌生産物質、酵素)

22世紀の美・入浴液
>>公式サイトでチェックする<<

【植物酵素液「つるぽか」】

  • 添加物:なし
  • 有効成分:米ぬか、海藻、クエン酸、砂糖、乳酸菌、酵母菌

アトピー・つるぽか
>>公式サイトでチェックする<<

【大高酵素 バスコーソ】

  • 添加物:なし 
  • 有効成分:針葉樹のオガクズ、大豆粉、米ぬか、植物性発酵エキス、塩化ナトリウム、硫酸マグネシウム

大高酵素 バスコーソ
>>公式サイトでチェックする<<

酵素入浴剤の魅力をたっぷりお届け!
お風呂のイメージ

酵素風呂って、自宅で楽しめるんです!
管理人の私は昔から肌が弱く、乾燥肌と肌荒れにはいつも悩まされてきました。ドラッグストアの化粧品では何度も失敗した経験があります。
またお肌だけではなく、慢性的な冷え症も悩みの種。
酵素風呂は、酵素液とおがくずなどを混ぜることで発生する自然の熱を利用したお風呂。岩盤浴の約3倍も汗をかくほど温まり、美容と健康に優れた効果があると女性誌やテレビでも話題の美容法です。
しかし、施設の酵素風呂は1回3,000円と高額。この金額ですと、週1回が限度ですし、頻繁に通うのも大変です。
そこでいま注目されているのが、自宅でも簡単に酵素風呂が楽しめる本格的な酵素入浴剤。浴槽に入れるだけで、お店の酵素風呂と同様の効果が得られる、お得かつ機能性バツグンの入浴剤なんです♪
このサイトでは、おすすめの酵素入浴剤や選び方、魅力など、たっぷりお届けしていきますよー!