美と健康の新アイテム!酵素入浴剤で全身アンチエイジング

そもそも酵素風呂ってナニ?

風呂で優しく肌を育てる酵素入浴剤のすべて » 家庭用酵素風呂・気になる情報局 » そもそも酵素風呂ってナニ?

酵素風呂とは何か、気になる効果や副作用、家で入れる方法など基礎知識をまとめました。

酵素風呂の仕組み

酵素風呂とは、野草などから抽出した酵素液とおがくずや米ぬかを混ぜることで発生する、発酵熱を利用したお風呂。

ガスなどの熱源がないのに、微生物が活性化するときに出す発酵熱は、約60度にもなるそうです。

自然の力で身体を温めて免疫力を高める酵素風呂は、健康と美容への大きな効果が期待できます。

ただし、本格的な施設の酵素風呂は、おがくずや米ぬかで全身を覆うもので、料金も数千円とちょっとお高め。毎日入りたくてもなかなか入れません。

そのため、自宅で入れる粉末やリキッドタイプの酵素系入浴剤が人気です。

酵素系入浴剤には、米ぬかやパパイン、野草、植物などの酵素を使用。温浴効果だけでなく、角質を分解するという洗浄効果にも優れており、なめらかな美肌も手に入るとの声も多く見られます。

スキンケア入浴剤としても威力を発揮する、機能的な入浴剤なんです。

ほかのお風呂との違いは?

酵素風呂と他のお風呂との大きな違い、それは発汗量の多さと、酵素を全身に取り込めることです。

発汗量は岩盤浴の約3倍にもなると言われており、一度入浴すると翌日まで身体の芯からポカポカします。

また、全身を酵素で包み込むことで、酵素が皮膚や呼吸器を通して身体に取り込まれやすくなります。

酵素は身体の免疫力アップに不可欠な成分で、健康はもちろんアトピーなどの体質改善もサポート。この酵素の健康効果に着目し、医療現場でも酵素風呂は取り入れられているそうです。

そして強力な発汗作用は血液やリンパの流れを改善し、体内の老廃物を排出するデトックス効果も抜群。美肌やアンチエイジング、ダイエット効果も実感できます。

ちなみに酵素の発酵熱は約60度と言われていますが、酵素浴は様々な成分や物質が熱伝導率を抑えてくれます。そのため、自宅での酵素風呂は35〜40度前後が最も効果を発揮するそうです。

気になる好転反応や副作用

初めて酵素浴をした後、疲労感やめまい、頭痛、目やになどが出ることがあります。これは “好転反応”と呼ばれるものなので、心配ご無用。

酵素浴で血行が改善することで、筋肉に抱えた疲労物質の乳酸が体外に排出されます。血液の流れが一気によくなるため、めまいや動機などの症状が現れるのです。通常、この好転反応は2~3日で治まります。

気になる副作用ですが、酵素風呂そのものに副作用はありません。しかし、長湯しすぎると、一般的なお風呂と同様に脱水症状や血圧の上昇、のぼせなどを引き起こすことがありますので、ご注意を。

極度の疲労、心臓に疾患がある方も入浴を控えた方がよいでしょう。

また、イネ科の植物のアレルギー(花粉症など)を持つ方は、息苦しさ、かゆみ、鼻水などが出たら念のため入浴は控えるか、アレルギーの出にくい植物や野草由来の入浴剤を選ぶと良いでしょう。

ページの先頭へ