美と健康の新アイテム!酵素入浴剤で全身アンチエイジング

飲む酵素との違いは?

風呂で優しく肌を育てる酵素入浴剤のすべて » 家庭用酵素風呂・気になる情報局 » 飲む酵素との違いは?

酵素とは

まず、酵素風呂と飲む酵素の「酵素」とはいったいどのようなものなのでしょうか。

酵素とは、体の中のさまざまな化学反応を手助けするたんぱく質のことです。例えば、食べ物を口に入れた時、口の中から唾液が分泌され炭水化物を分解します。この唾液に含まれている消化酵素がアミラーゼと呼ばれるもので、炭水化物の分解を促進する働きがあります。

たんぱく質を分解する消化酵素は、ペプシンと呼ばれ、胃液の中に含まれます。脂肪を分解する消化酵素は、リパーゼと呼ばれ、胃液や膵液の中に含まれています。

アミラーゼは炭水化物を消化する働きがあり、脂肪やたんぱく質を分解することはできません。同じようにペプシンがたんぱく質や脂肪を分解することもできません。

このように酵素は、特定の物質の特定の部分にのみ働く物質になります。一つの酵素が多様な働きをするわけではなく、一つの酵素は一つの場所で一つの働きをするため、体の中には数千種類という膨大な種類の酵素が存在します。

酵素の働き

酵素は、人間の体内にある酵素と、食物などから摂取することのできる酵素に分けることができます。

さらに体内にある酵素は、消化酵素と代謝酵素に大きく分けられます。

それぞれの酵素はどのような働きがあるのでしょうか。

消化酵素

アミラーゼやリパーゼなどのように食物を小さい分子に分解する働きをする酵素は、消化酵素と呼ばれます。

口の中や胃、腸、すい臓から分泌され、口から入れる食品を低分子化し、体内に吸収されやすくする働きがあります。

消化が悪い食べ物、消化の良い食べ物とは、この消化酵素によって分解されやすいかされにくいかを指しています。

外側を固い食物繊維で覆われた豆やトウモロコシなどは、消化酵素で分解しにくい食べ物になります。

代謝酵素

消化酵素によって小さく分解され、体内に吸収された栄養素は、活動のエネルギーとして利用される他、身体を構成する細胞の原料としても利用されます。

代謝酵素は、身体の中で生成される酵素で、体の中の代謝活動をサポートする酵素です。

呼吸をすること、エネルギーを作り出すこと、傷ついた細胞を修復し再生すること、身体にとって有害である物質を解毒し汗や尿などと一緒に排出させること、免疫力を高めることなど、さまざまな体の機能をスムーズにさせる働きがあります。

食物酵素

これらの消化酵素、代謝酵素は、体内で生成され分泌される酵素です。しかし、食物の中にも酵素を含むものがあります。

代表的な食物には、たんぱく質を分解する酵素を含むパパイヤ、パイナップルなどのフルーツ、でんぷんを分解する酵素を含む大根やカブ、ヤマイモなどがあります。

さらに、発酵食品も食物酵素を含みます。

日本では古来より味噌や納豆、豆腐、漬物などの発酵食品を利用してきました。また、日本食だけでなくキムチやヨーグルトも発酵食品です。

発酵食品は、ビフィズス菌や乳酸菌などの微生物の発酵作用を利用した食品です。微生物が発酵の際に作りだす代謝産物が体内の腸内環境を改善する効果があると言われています。

飲む酵素の効果

水を飲む男女

飲む酵素は、酵素を口から直接体内に取り込むことで、酵素が身体の中で直接働き、身体に良いさまざまな健康効果を期待するものです。

飲む酵素は、錠剤やカプセルなどの形状や、液体のドリンクタイプの物などがあります。いずれも、野菜や野草などさまざまな植物を長い時間をかけて熟成、発酵させたものを利用しています。

飲む酵素には、体内に酵素を補うことで健康を増進させる効果が期待できると言います。また、発酵食品が身体に良いと言われていることと同様に、飲む酵素も発酵時に生成される乳酸や酢酸などさまざまな微生物の生産物が腸内に良い影響を与え、腸内環境を改善させると言われています。

抗酸化物質を含む材料を使っているものも多く、身体に有害な活性酸素を除去するデトックス効果も期待できます。

また、飲む酵素には、置き換えダイエットの栄養補給にも有効だとされています。

酵素風呂の効果

バスタブ

米ぬかやおがくずなどに野草などを発酵させて作った酵素液を加えたものが酵素風呂です。

発酵によるエネルギーで温度が上昇し、その中に入ることで身体を芯から温め、リラックスさせることができます。

酵素のパワーで温められたお風呂で身体が温まり、代謝が上がります。基礎代謝が上がるとエネルギーの消費効率が高まり、ダイエットにもつながります。

身体が温められて発汗作用も促進されることでお肌の新陳代謝もよくなり、汗と一緒に体内の毒素も排出されデトックス効果もあります。

また、体温を上げることで免疫力も高まります。砂風呂やサウナが加熱して温かさを作り出していることに比べ、酵素風呂は発酵という微生物の活動によって生まれる自然なエネルギーを利用しているのが特徴です。

酵素風呂は、飲む酵素と違って、直接酵素を体内に取り入れるわけではありません。酵素の力を利用して、発酵させたおがくずや米ぬかの中に入ることで、その発酵の熱を利用し、間接的に酵素のパワーを取り入れるものになります。

酵素を直接体の中に入れるわけではありませんが、昔から米ぬかはお肌に肌に良いとされ、ぬか漬けをつける人の手は白くてきれいだと言われています。

米ぬかにはビタミン類、ミネラルに加え肌の組成と同じアミノ酸や保湿成分であるセラミドも含まれていることがわかっています。

そのため、直接酵素を体内に取り入れるわけではなくても、酵素風呂には発汗作用に加えて米ぬかに含まれる成分から、美肌効果を期待することができます。

酵素風呂と飲む酵素の違い

酵素風呂は酵素のパワーを間接的に利用するもの、飲む酵素は酵素を体内に取り入れることで体の中で直接酵素のパワーを利用するものという違いがあります。

身体の中から腸内環境などを改善したい場合や、置き換えダイエットのように即効性のあるダイエットを行いたい場合には、飲む酵素が向いていると言えます。

反対に、酵素風呂は身体を芯から温めることで、自分の身体が本来持っている免疫力をアップさせることができます。身体を温め、汗とともに有害物質を排出させる効果は酵素を飲むことよりも高いと考えられます。

そのため、肌のコンディションを整えたり、美肌効果をより感じたりすることができるのは酵素風呂の方だと言えるでしょう。

酵素風呂も飲む酵素も、微生物が発酵をする自然の力を利用したものです。身体の外側から酵素の力を利用するのか、身体の内側から酵素の力を利用するのかが大きな違いです。

サプリメントやドリンクで身体の中に酵素を補給することは、手軽に続けることができる方法です。また、酵素風呂では、おがくずの木の香りや発汗作用で身体だけでなく心もリラックスさせる効果もあります。

期待する効果や自分のライフスタイルに合った方法で酵素を生活に取り入れることができます。また、どちらかを選ぶだけでなく、併用することも問題はないため、飲む酵素と酵素風呂の両方を利用すればより一層、酵素のパワーを感じることができるでしょう。

ページの先頭へ