美と健康の新アイテム!酵素入浴剤で全身アンチエイジング

HOME家庭用酵素風呂・気になる情報局
酵素入浴剤の種類&効果ガイド

酵素入浴剤の種類&効果ガイド

パパイン酵素入浴剤、ひのき酵素風呂、米ぬか酵素風呂など、酵素風呂の種類と見込める効果についてまとめました。

酵素風呂の種類と効果

自宅で酵素風呂が楽しめる入浴剤はたくさんありますが、商品によって原料が異なります。ここでは、酵素入浴剤の種類と期待できる効果をまとめました。

あなたの目的にあう酵素入浴剤を、ぜひ見つけてみてくださいね。

米ぬかの酵素風呂

米ぬかに含まれているタンパク質や様々なミネラルやビタミンなどは、微生物のエサとなる栄養素です。そのため、米ぬかはそのままの状態で、バクテリアを培養していることになります。

さらにバクテリアの死がいが、酵素の発生を活性化。米ぬかは酵素活性作用が非常に強い酵素風呂だといえます。

ただし、ぬかには独特な香りがあり、好みが分かれますので、ご用心。入浴剤には低コストの肥料用の米ぬかが主に使用されています。産地は東北であれば米どころの新潟や秋田、関東であれば茨城県、千葉県などです。

(おすすめ商品)

植物酵素液「つるぽか」
価格:1,350円/4リットル(8回分)
米ぬかと海藻の豊富な栄養素を配合。身体に吸収しやすい植物酵素が美と健康をサポートします。

野草の酵素風呂

野草酵素風呂は、山野に自生する薬草の自然発酵熱を利用した酵素温浴法です。野草の種類は全国で100種類以上に及び、季節によって採取できるものが異なります。

野草の種類によって様々な健康への効果が期待できます。たとえば、イチョウは肩こり、老年認知症の予防、松は血液浄化、ヨモギは高血圧、神経痛予防などです。

また、自分の体調に合わせて選ぶことができるのも、野草酵素ならではのメリット。酵素入浴剤の場合、様々な野草をブレンドしたものが配合されています。

(おすすめ商品)

たっぷりこうそ300
価格:4,860円/280ml(約30回分)
様々な野草をはじめ300種類以上の天然酵素を濃縮、ブレンドした酵素入浴剤です。

おがくずの酵素風呂

針葉樹の木材の粉末であるおがくずに植物由来の酵素を加えて発酵させた酵素風呂です。おがくずだけでは発酵熱を生み出せないので、定期的に酵素を加えることが必要です。

ヒノキのおがくずは香りもよいので、かなりのリフレッシュ効果もあります。おがくずは福島県南部より南の本州、九州で作られています。中でも木曽や高知、和歌山などのものが有名です。

(おすすめ商品)

大高酵素 バスコーソ
価格:1,944円/100g×6袋入り
(1袋3~4回、約3週間分)
木の香りと酵素のパワーで身体の芯からポカポカに温まります。

パパイン酵素

パパイン酵素は、沖縄や南国で採れるパパイヤに含まれている植物酵素です。肌の新陳代謝を活性化させ、つるつるにしてくれるので肌ケアの成分として人気です。

入浴剤で使用すると美肌効果だけでなく、アトピーや乾燥肌にもよいと言われています。

(おすすめ商品)

パパイン酵素配合入浴剤 オールフォーワン
価格:3,240円/1包20g×30包(1ヶ月分)
パパイン酵素が古くなった細胞や角質、アカを分解して、お風呂上りの肌をつるつるに磨いてくれます。

酵素入浴剤の魅力をたっぷりお届け!
お風呂のイメージ

酵素風呂って、自宅で楽しめるんです!
管理人の私は昔から肌が弱く、乾燥肌と肌荒れにはいつも悩まされてきました。ドラッグストアの化粧品では何度も失敗した経験があります。
またお肌だけではなく、慢性的な冷え症も悩みの種。
酵素風呂は、酵素液とおがくずなどを混ぜることで発生する自然の熱を利用したお風呂。岩盤浴の約3倍も汗をかくほど温まり、美容と健康に優れた効果があると女性誌やテレビでも話題の美容法です。
しかし、施設の酵素風呂は1回3,000円と高額。この金額ですと、週1回が限度ですし、頻繁に通うのも大変です。
そこでいま注目されているのが、自宅でも簡単に酵素風呂が楽しめる本格的な酵素入浴剤。浴槽に入れるだけで、お店の酵素風呂と同様の効果が得られる、お得かつ機能性バツグンの入浴剤なんです♪
このサイトでは、おすすめの酵素入浴剤や選び方、魅力など、たっぷりお届けしていきますよー!