美と健康の新アイテム!酵素入浴剤で全身アンチエイジング

酵素入浴剤の使い方は?

風呂で優しく肌を育てる酵素入浴剤のすべて » 家庭用酵素風呂・気になる情報局 » 酵素入浴剤の使い方は?

テレビなどでも紹介されて人気上昇中の酵素入浴剤。一般の入浴剤と使い方は違うのでしょうか?

そこで今回の記事では、酵素入浴剤の使い方をご紹介します。

酵素入浴剤の使い方

入浴剤""

酵素入浴剤の使い方はほぼ通常の入浴剤と一緒で、入浴時にお風呂に入れるだけです。それだけで酵素エキスが入ったお風呂を楽しむことができます。

タイプ別にさらに詳しくご紹介します。

袋に入っている場合

入浴の際に、袋に入れたままお風呂に1~2袋入れます。入浴が終わったら硬く搾って浴槽から出します。袋は3~4回使うことができます。ただし循環式24時間風呂では使えないことも多いので、説明書や浴槽のタイプをよくを確認しましょう。

袋の中に酵素エキスとおがくずが入っている商品の場合は、使い終わったあとに中身を取り出して鉢植えや畑の肥料としても使うことが可能です。

液体タイプの場合

お風呂に付属のキャップで指定されている量を入れます。必ずよく振ってから入れるようにしましょう。薄めて使う場合は、お風呂の水に合わせた量を入れます。

シャワー用

液体のシャワー用も発売されています。ボディソープ、シャンプー、ハンドソープなどに約30%~50%混ぜて使用します。また洗顔料、クレイパック、手作り化粧水などとしても使うことが可能です。

酵素入浴剤の保存方法

直射日光の当たらない冷暗所で保存しましょう。液体タイプの場合は冷蔵庫に入れるとより長持ちします。開封後は約2ヶ月以内に使い切るのがおすすめですが、2ヶ月を過ぎても商品に大きな変化が無ければ問題なく使うことができます。

液体タイプの場合、まれに容器が膨れることがあります。これは容器の中で液の発酵が続いているので、フタをゆるめて二酸化炭素を抜きます。そのまま長時間放置すると容器が破裂する場合があるので注意しましょう。

酵素入浴剤の使い方Q&A

お風呂""

赤ちゃんや子どもと一緒に入っても大丈夫?

酵素入浴剤を入れたお風呂には子どもと一緒に入浴することが可能です。赤ちゃんは普通のお風呂に入れる狀態であれば大丈夫です。しかし米ぬかや乳酸菌、海藻などが使われていますので、場合によってはアレルギーがでる場合があります。その時はすぐに使用を中止し、使用した商品を持って皮膚科を受診しましょう。

生理中は入っても大丈夫?

普段と体調が異なる時は止めておくのがおすすめです。また酵素風呂により血行が良くなると普段より経血量が増える可能性もあります。

口や目に入っても大丈夫?

口に入っても大丈夫ですが、飲用には作られていないので飲まないようにしましょう。また目に入った場合はすぐに水で洗い流し、必要に応じて眼科を受診してください。

風炉釜や給湯器など痛むことはないの?

商品によって異なりますので、商品説明をよく読んで使用しましょう。基本的には問題ありませんが、循環式24時間風呂などには使えない場合が多いです。

お風呂を沸かし直しても効果は持続するの?

入れてすぐの時より体感効果は弱くなりますが、効果は残ります。液体の場合は、必要に応じて液を足しましょう。

容器の底にたまったものは何?

液体タイプの場合、液に含まれる無機質が沈む場合があります。身体に影響がでることはありません。

子どもがアトピーで悩んでいる方にもおすすめ

酵素風呂は子どものアトピーで悩んでいる方にもおすすめです。

酵素は体内でも生成されますが、基本的には食物などから吸収するのがメインです。そのため生活習慣などで食物が偏ると免疫力が損なわれ、アトピーなどの疾患が生じやすくなると言われています。そのため酵素風呂に入り、様々な種類の酵素を取り入れることで免疫力を向上し、症状の改善が期待できます。

アトピーの原因は他にも、遺伝やストレス、ダニやハウスダストなどの環境アレルゲンによっても引き起こされます。アトピーの症状を悪化させないためには、皮膚を清潔に保ち保湿を心がけることが大切です。ただし、皮膚には常在菌がついているので、洗いすぎては逆に悪化してしまう場合もあります。

酵素風呂は肌に潤いを与えてくるので、肌質の改善が期待できます。適度な洗浄と酵素風呂で、アトピー対策をしてみてはいかがでしょうか。

アトピーの場合は好転反応がでることも

酵素風呂に入ると最初は好転反応がでて症状が悪化する場合があります。乳幼児の場合、最初の半年は毎日酵素風呂に入るのがおすすめです。しかしこの間、最初は赤く皮膚が腫れたり、汁がでるなど症状が悪化します。約1ヶ月程度で治まるとされますが、どうしても気になるようなら皮膚科を受診して医師に判断を仰ぎましょう。

2度目の好転反応は、最初のものより軽く何度かこれを繰り返します。繰り替えるたびに症状は軽くなります。

そして半年が過ぎ症状が治まったら、ペースを3日に1回にします。そして9ヶ月~1年目は1週間に1回程度の入浴をします。定期的に入浴することで、体質改善に取り組んでいきます。乳幼児の場合は、約1年で症状の改善が見られることが多いとされます。

大人の場合は2~3年は入浴を続けて体質改善と免疫力向上に努めるのがおすすめです。

まとめ

酵素入浴剤の使い方についてご紹介しました。一般的な入浴剤と同じく、お風呂に入れるだけで手軽に酵素風呂が自宅で再現できるのが酵素入浴剤の魅力です。

液体のものはコスパも良いので、毎日入りたいという方にはおすすめです。自分のスタイルや好みにあったものを選びましょう。

ページの先頭へ